いつかのロビン

好きなもの、思った事など。

記憶

 

 

あぁ あの日が最後だと知っていたなら

もっとあたしあなたを抱きしめたのかな?

それともきつく当たったのか?

膨れた頬は線香花火 橙色も弾けた      (aiko 線香花火」)

 

 

「あの日」が今日だったのかもしれない。

そう気付けないまま毎日が過ぎる、幾年月。

 

 

 

ユーフォーみたいなサンセット

f:id:pociko:20170803195331j:plain